猫ちゃんについて

サバンナキャットについて

1986年、アフリカのサーバルキャットとイエネコを交配して生まれたのが、最初のサバンナキャットと言われています。
TICAは2001年、登録のためにサバンナキャットを受け入れました。2012年、TICAのチャンピオンシップに出られるようになりました。

F1~F3まではサーバルキャットの血が強く残っており、一部の国や州では野生動物と認定されており飼育が禁止される場合があります。また、F1~F3はキャットショーにも参加できません。
当キャッテリーでは、ペットとして飼いやすい穏やかな性格になるようにブリードしております。

?サバンナキャットの性格は?

F1に近いほど見た目も性格も野生のサーバルキャットに近い形になります。性格は犬のように社交的でしつけがしやすく、甘えん坊で寂しがり屋といわれています。その分飼い主にかまってもらえないと、ストレスをためる事もあります。運動量も多いため、広いスペースが必要となります。

?サバンナキャットの大きさは?

サバンナキャットは一般的な猫よりも大きく、平均体長は50~75cmほどになります。
サーバルキャットに近いF1は最も大きく成長し、7~13kgほどになると言われてます。しかしイエネコに近いF4以降は、体重が10kg以内に収まることがほとんどです。


ベンガルキャットについて

ベンガルはアジアンレオパードとイエネコを交配して生まれたハイブリット品種です。交配を続け、より綺麗な模様で飼いやすい品種になりました。
1986年、TICAの新しい種類と認められました。小さな豹のようにワイルドな見た目で可愛い品種です。

?ベンガルキャットの性格は?

チーターやヒョウなどを好まれる方から人気があるようにワイルドで美しい見た目とは裏腹に、ベンガル猫はとっても甘えん坊で人懐っこく、社交的に他の猫を飼っている方からは飼いやすいと言われるほどの猫です。
しかし、あまりベタベタされるのは苦手で、野生に近く運動が必要なのでたくさん遊んであげてストレスがかからないようにしてあげる必要があります。

?ベンガルキャットの大きさは?

他の猫と違って、ベンガルはボディが長く大型タイプに入ります。
しかし長い体に反して頭の大きさが小さい傾向にあり、とてもスタイルがいいのが特徴です。